基本的に風俗店は射精をしたらプレイは幕切れです。
しかし最近のお店は射精無制限オプションを標準搭載していますので
時間とスタミナに余裕があれば何度でも射精してください。

気になる遊び方ですが、ますばデリヘルのブッキングをします。
基本的にデリヘルは電話機での予約になります。
フロントがある風俗店は店舗型ヘルスやホテルヘルスというデリヘルとはまた別の形態のお店です。
希望のデリヘル嬢と恋人コースや痴漢コース、夜這いコースなどのコースを決めて予約をします。
オプションを付けたい時は予約時に伝えます。
店舗によってコースやオプションは様々です。
確認のために名前と電話番号が聞かれます。
確認できればいいので名前は仮の名でも大丈夫です。僕の場合は『せいしろう』とよく名乗っていますね。

電話番号は予約の確認や緊急時の連絡に使われますので、すぐに連絡の付く番号を伝えましょう。携帯番号が世間一般的です。
少し前までは風俗街に設置されているフロントでダイレクトに頼むか、電話で予約をするかの2択でした。
今はサイトを持つデリヘル店も増えてサイバー空間での予約も可能になっています。
直接対面や電話は恥ずかしい、ちょっと苦手、という人には便利なシステムです。

ネット予約はデリヘル店がサイトを有していないと使えません。またネット予約後に確認の電話が掛かってくる事もあります。ネット予約のページに詳しいことが掲載されているので、よく読んでから予約をしてください。
ネット予約はとても実用的ですが、やはり受付か電話での予約がお勧めです。デリヘル嬢の好みを伝えやすく、相手の対応の仕方で店の良し悪しも判断出来ます。

始めてのデリヘルの場合、自分からリードしなくてもデリヘル嬢が誘導してくれます。
下手に知識を入れて利いた風に口出しするよりは、素直に初めてだと伝えた方がスムーズです。